みんなの数学教室 和(なごみ)

コース一覧

算数超基礎コース

「今さら恥ずかしく聞けない」それが算数

ちょっとした計算が出来ない・・。そんなときこそ、自分の算数の出来なさについて悔やむ瞬間はないと思います。
「あのとき、もっと勉強していれば・・・」と。そして、自分がいかに算数が出来ないか、なかなか人には告白しずらいものです。「え!そのくらいも分からないの?」そう友人や上司から言われることも少なくありません。
和では、算数や簡単な計算が出来なくても、「なんでそのくらいも出来ないの?」などと言ったりすることはありません。
一緒に”一つ一つ”身につけていく。数に対する苦手意識が克服できるように勉強する習慣を少しずつ身につけていく。
そして多くの方から「いつの間にテキストを開いてしまう自分がいるんです。」「今まで式を見るだけで吐き気がしていたのに治りました。」そんなお声を頂くようになりました。算数を勉強することを通して、大きく人生の一歩を踏み出す方が生まれています。

生活に一番近い分野だから楽しい!役立つ!

算数が出来ないと、生活の中で困ることが多々あります。割合、比、がい数などの考え方は生活の中で接することが多く数字に苦手意識を持つ方は実感しておられる方も多いと思います。算数は、計算そのものでもあります。
「割り勘が計算できない…」「家計簿をつけるのが苦手…」「できれば数字は見たくない…」「買い物をするとき、何%引きなど割引がよく分からない。」「カードやクーポン券がどのくらいお得になるかが計算できない。」小数、分数の考え方が分からないと、こういったことが起きます。
生活の中の様々な算数があるからこそ、覚えていて一番役に立つ分野です。
また、SPIの非言語分野の対策として、算数から学び始める人も多くいます。すべての計算や問題の基本となっているのは、やはり算数の考え方です。本だけで学ぶことのできない、数字の基本から学び直すことで、「数学的考え方」の基礎をしっかり学ぶことができ、すっきりしない数学に対する理解を克服することが出来ます。算数の基本から学ぶことで、数字に対する苦手意識をとるきっかけにもなるでしょう。
また、脳トレにも効果的です。脳トレで有名な川島隆太教授は脳についてこう語っています。
『単純計算や音読による”読み・書き・計算”で、脳全体が活発に働き、脳を最大限鍛えることができることをプレインイメージング研究により科学的に実証しました。』簡単な計算が脳を鍛えるために有効であるとのこと。脳を鍛えるための基礎作りや習慣をつくるために活用して頂くこともおすすめします。

学べる内容 加減の演習/ 掛け算、割り算の意味 / 少数・分数の意味 / 分数の加減、約分、通分 / 最小公倍数、最小公約数 / 重さや時間などの単位について / 面積、体積の意味と求め方 / 様々な図形について/ 比や比例の意味と考え方 / そろばんによる数の表し方と計算の仕方 / インド式計算法
こんな人におすすめ
  • ・数へのトラウマや苦手意識をなくしていきたい
  • ・算数の意味をもう一度最初から学んでいきたい
  • ・算数が嫌いで勉強しなかった
  • ・算数の楽しさを感じてみたい
  • ・わからないところを一から丁寧に教えて欲しい
  • ・脳トレしていきたい!
  • ・SPI対策をしていきたい!
  • ・計算をより早くしたい!
  • ・数字に強くなりたい!

こんな方にご受講いただいてます

工具類を扱う会社の営業事務をしている。仕事上で長さの単位等がよく出てくるが、単位の変換が出来ない。原価や割引率といった売上に関する数字の求め方もよく分からないが電卓を使って自分で計算が出来るようになりたい。足し算引き算が暗算でパッと出ない。分数や小数点の計算も苦手。もともと数字を見ることが苦手だし嫌いで、就活時もSPIから逃げていた。

小学生の頃から数学が嫌い。仕事で出て来る数字関連の業務は部下や同僚に任せきりで、その数値が正しいのか確認することもできていない。割合、パーセンテージ、収益など数字を扱うことも多いので今後は自分でも数字を扱えるようになりたい。

30代の男性。9月中旬からゲーム系の会社に就職が決まっていて、マーケティングの仕事をする予定。今以上に数字を扱うことになるが、足し算引き算はできるが掛け算割り算が苦手でパーセントを求めたりがあまり出来ない。あやふやなままでは嫌だったのでこれを機に基礎的な部分を理解したいと思った。統計についてはまだまったく勉強していない。今もマーケティングのような仕事をしているが、データの合計を割って平均を出す位しかしていない。Excelを用いてすぐに実務に活かせるようなかたちでやれたらと思っている。

お申し込み、ご相談はこちら

カウンセリングのお申し込み、お悩みなどお気軽にお問い合わせください。