Meun
close
050-5490-7845 ※ 月曜定休日
  • twitter
  • facebook
  • YouTube

公認会計士試験対策(統計学)

  • モデルプラン:【発展】110分×12回

公認会計士の試験では統計学が選択科目の一つに定められており、理系学生や統計学を一度勉強した方などが選択するケースが多いです。しかし、試験が論述のため、具体的な試験対策として何を取り組めばいいか対策しづらい側面があります。

試験のレベルも統計検定2級レベル+αとそれなりに高めに定められていますが、無理なく自分のペースで進めたい方、答案指導などを行って欲しい方にはお奨めです。

受講内容

公認会計士の論述試験に該当する選択科目の統計学をしっかり解けるレベルを目指します。

独学で勉強する中で書籍の解説を読んでいても理解できない部分や暗記に頼ってしまいがちな部分を一人一人のニーズに合わせて要点をまとめ、試験に活かせるよう学習していきます。

試験の中で問題に出てくる数学の単元で不安に感じられている部分も授業の中でフォローしながら進めるので現時点で数学をマストで知っている必要はありません(適宜アドバイスします)。

※内容はお客様のご要望等によって変更することがあります。

受講対象

1) 公認会計士の試験対策で統計学を選択して受験を検討している方
2) 公認会計士の試験レベルの学習・演習力を身につけたい方

モデルプラン

【110分×12回】

1) 記述統計学
2) 確率
3) 確率分布
4) さまざまな確率分布
5) 母集団と標本
6) 点推定
7) 区間推定
8) 仮説検定
9) 相関・回帰分析
10) 総合演習1
11) 総合演習2
12) 総合演習3

※ 本カリキュラムは試験範囲に基づいて構成されています。

※実際のプランはお客様のご要望等によって変更することがあります。

参考テキスト

担当講師

※別の講師が担当することもあります。