講師紹介

岡本 健太郎

  • 数学・物理教室
  • 統計教室
「数学×アート」のエバンジェリスト
数理学博士(九州大学)
国立研究開発法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター 特任​フェロー(2021~)
九州大学で数理学の博士号を取得した切り絵アーティスト。
ドイツのチュービンゲン大学で研究員として滞在。また、日本学術振興会の特別研究員として様々な分野の研究者との交流を深め、血管の数理モデルの構築など、純粋数学から応用数学にかけて研究を行う。
数学教育にも力を入れており、学生から社会人まで、わかり易く授業を展開。指導可能範囲は中学・高校数学から、大学の教養・専門分野、データ分析まで幅広く対応。また「数学」を使ったアート活動(切り絵)を通して、数学の有用性だけでなく美しさや魅力について積極的に発信。
和から初の「数学とアート」に関するセミナーも実施(作品はこちらから
<所属学会>
日本数学会、日本アクチュアリー会
<切り絵展示>
2020年 10月 「ダヴィンチとの邂逅」フランス, ロワールのクロリュセ城にて展示(レオナルドダヴィンチとコラボ)
2021年 2月 「第26回 日本の美術展」東京, 上野の森美術館(特別審査員賞受賞)
2021年 4月 「第8回躍動する現代作家展」福岡, 福岡アジア美術館(優秀賞受賞)
2021年 6月 「MINERVA2021」京都, 京都市美術館
・書籍・アートブック
2019年 刊行 アートブック「Energy2019」
2020年 刊行 アートブック「和モダン2020」
2021年4月~ 数学セミナー(日本評論社)表紙担当
・メディア
山口新聞、日本経済新聞(NIKKENI The STYLE), LINEニュース, Yahooニュース