数学アートセミナー

  • 全1回
  • オンライン教室

数学アートセミナーとは

「数学アートセミナー」とは、和からの講師岡本による、深淵な数学の世界とアートの世界をつなげる日本で唯一の一般向け体感型セミナーです。数学×アートという掛け算によって生まれる、ゾクゾク、わくわくするような世界へと皆様をご案内いたします。
※本セミナーは旧「Excelアートセミナー」「デザイン数学セミナー」を統合したものになります。

Excelアートセミナー

デザイン数学セミナー

新しい数学の学びのきっかけに

一般に数学が嫌いな方は非常に多いといわれています。なぜ嫌いになるのでしょうか。思い返してみると、学校で習う数学というのは、「何にために、なぜ学ぶのか」という“目的”や“歴史”について触れる機会が極端に少なく、結局「テストでいい点を取るため」「学校に進学するため」に数学を勉強せざるを得ない状況が多いように感じます。
 しかし、本来の数学は成績を競うものではなく、生活や日常、社会をより豊かにするものであり、心にゆとりをもって学ぶべき学問だと思います。そこで、本セミナーでは、「アート」という切り口からスタートし、ビジュアルや発想力を元に、「なぜそうなるのか?」「ここを変えるとどうなるのか」を直に体感していただきます。そして、数学本来の持つ「学びの楽しさ」を味わっていただき、少しでも数学に興味を持ってもらえれば幸いです。

ソフトを使って体感

ExcelやPowerPointといった比較的身近なソフトを使い、驚くほど精密で美しい数学アートを描くことができます。本セミナーでは、これらのソフトを使い、描き方や編集の仕方、なぜそうなるのかなどの細かい説明もいたします。
※ソフトの扱いに慣れていない方も大歓迎です。初めての方を想定していますので、このセミナーを通してExcelやPowerPointの操作方法を学ぶこともできます。
※各回は基本的に独立した内容です。お好きな回にご参加いただけます。

 

【次回予告】

第1回 数と糸掛け曼荼羅(2021年9月25日(土)17:00~19:00)

この回では、数の列「数列」を使った、美しい糸掛け曼荼羅を、Excelを使って作成していきます。シュタイナー教育の中で行われた、糸掛け曼荼羅は、「等間隔に糸を掛ける」という、非常に単純な操作でした。本講義では、より自由な糸の掛け方について学んでいき、「数列」というものの面白さについて触れていきます。

 

第2回 PowerPointで学ぶフラクタル・アート-正多角形でできるフラクタル図形-(2021年10月24日(日)13:00~15:00)

この回では、PowerPointを使って、手軽にフラクタル図形という複雑で美しい模様を描いていきます。お手元にPowerPointをご用意ください。正多角形という身近な図形を使って、「繰り返す」という操作を、実際に手を動かし行っていくことで図形を描くコツがつかめます。
 キーワード:フラクタル, 正多角形, PowerPoint

第3回 Excelで学ぶバブル・アート(2021年11月21日(日) 17:00~18:30)

この回では、複数の円(バブル)を使って描かれる複雑な幾何学模様をExcelを使って描いていきます。本講義では、これまでに使ってこなかったExcelの機能を使い、より自由で美しい模様を描いていく予定です。
キーワード:バブルアート, 円, 模様

第4回 Excelで学ぶランダムタイリング-トルシェタイルを作ってみよう-(2021年12月18日(土) 17:00~18:30)

この回では、Excelの「乱数」を使って「トルシェ・タイル」という模様を作成していきます。また乱数を使わないタイプや、様々な型を使って美しい模様を手軽に描いていきます。
キーワード:タイリング, 乱数, Excel, トルシェ・タイル

第5回 Excelで学ぶライン・アート(2022年1月開催予定)

この回では、直線上のストリング・アート(=ライン・アートと呼ぶことにします)をExcelで作成していきます。複数の直線でできる美しい模様と数学的な構造をお話していきます。
キーワード:直線, 糸掛け, ストリング・アート, Excel

第6回 Excelで学ぶパラメトリック・アート(2022年2月開催予定)

この回では、Excelを使って自由な曲線模様を作成していきます。ストリング・アートを作成する際の関数を「改造」することでどのような模様に変形するのかを見ていきます。
キーワード:曲線, ストリング・アート, Excel, パラメトリック曲線

第7回 Excelで学ぶグラデーション・アート(2022年3月開催予定)

この回では、Excelの「カラースケール」を使って様々なタイル模様を作成します。カラースケールはセルの値の大きさでグラデーションを形成します。数学的なグラデーションをお楽しみください。
キーワード:タイリング, グラデーション, Excel, カラースケール

参考画像

受講対象

数学は苦手だが興味がある / 数学が好き / 「楽しい数学」に興味がある / 趣味として数学をはじめたい / 高校までの数学と全く違った側面をみてみたい / 数学の楽しみ方に興味がある / 数学を学びなおしたい など

数学キーワード:数学学びなおし, 芸術, アート, 素数, カオス, フラクタル, 幾何学, 趣味としての数学, etc

 

セミナー監修

岡本 健太郎(おかもと けんたろう)

<講師略歴>
学歴:九州大学大学院数理学府博士後期課程修了 国立研究開発法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター 特任​フェロー 出身:山口県下関市 所属学会:日本数学会、日本アクチュアリー会 取得資格:高等学校数学教諭(専修免許状)、統計検定1級(数理統計) 数理学の博士号を取得した切り絵アーティスト。 ドイツのチュービンゲン大学で研究員として滞在。また、日本学術振興会の特別研究員として様々な分野の研究者との交流を深め、血管の数理モデルの構築など、純粋数学から応用数学にかけて研究を行う。 数学教育にも力を入れており、学生から社会人まで、わかり易く授業を展開。指導可能範囲は中学・高校数学から、大学の教養・専門分野、データ分析まで幅広く対応。また「数学」を使ったアート活動(切り絵)を通して、数学の有用性だけでなく美しさや魅力について積極的に発信。 切り絵展示活動:2020年10月 「ダヴィンチとの邂逅」クロリュセ城 フランス 2021年2月「第26回日本の美術」上野の森美術館(特別審査員賞受賞)2021年4月 「第8回躍動する現代作家展」福岡アジア美術館(優秀賞受賞) メディア:山口新聞, 日本経済新聞(NIKKEI The STYLE)

岡本の数学アート作品、デザイングッズ、今後の展示会情報はこちらから

担当講師

※日程により一部講師が変わる事があります。

セミナー基本構成

全1回
90分

※開催回ごとに多少構成が変わることがあります。

お持ち物と注意事項

筆記用具, 必要に応じてPC(Microsoft Excel, Microsoft Power Point)
※必要環境
 Windows:Microsoft Excel 2016 以降, Microsoft PowerPoint 2016以降のもの
 Mac  :Microsoft Excel 2016 for Mac 以降, Microsoft PowerPoint 2016以降のもの

料金

全1回
15,000円 → 期間限定 10,000円

・お支払い方法はお申込み後にメールにてご案内致します。
・会社名義や旧姓など、振り込み名が本人名義でない場合は事前にご一報下さい
・オンライン回に関しましては開催2日前までに振込確認が取れない場合、会場URLをお送りできませんので特にご注意下さい

定員

10名(先着順)

特定商取引法に基づく表示

特定商取引法に基づく表示についてはこちらを参照ください。
1.支払方法:銀行振込又はクレジットカード払いが利用できます。
2.支払い時期:土日を除く開催日4日前

会場とスケジュール

オンライン教室
地図を見る

第1クール 2021年09月25日(日) 17:00~19:00
【数と糸掛け曼荼羅】

第2クール 2021年10月24日(日)13:00~15:00
【PowerPointで学ぶフラクタル・アート-正多角形でできるフラクタル図形-】

第3クール 2021年11月21日(日) 17:00~18:30
【Excelで学ぶバブル・アート】

第4クール 2021年12月18日(土) 17:00~18:30

【】

※当日のお申し込みはできかねます。別日程でお申し込み下さい。

今後の開催日程については、順次公開いたします。