原因と結果の思考法超入門-データ関連性を正しく把握する-

  • オンライン教室

統計データを活用するための正しい情報を読み取る力

 統計学のリテラシー向上により、10年前と比べると統計が広く社会で使われるようになってきました。データに基づいて分析し、「難関大学を卒業すると生涯年収が増える」、「広告費を増加させると売上が上昇する」といった「●●すると○○となる」というレポートを見ることも日常となりつつあります。これらは一般的に「因果関係」と呼ばれるものですが、これらの「因果関係」の読み方は正しいのでしょうか?

 実は「因果関係」がないもの同士に関連が出てくる現象、いわゆる「偽の因果関係」と呼ばれるものが世の中にはたくさん存在するのです。これら「偽の因果関係」を因果関係と思ってしまうと、誤った判断をしてしまうことになります。

 そこで、すべての社会人の方が、これらの「偽の因果関係」に騙されないようにするために、正しくデータを読み解く考え方を学べるセミナーをご用意しました。実際に「偽の因果関係」が現れるようなデータ(ビジネスデータ、社会データなど)を一緒に見ながら、そのデータを正しく読み解くということをセミナー内で行っていきます。このセミナー内では難しい数式を使って分析するということは行いませんので、統計学やデータ分析の初心者の方でもご安心してご受講いただけます。

 

すべての社会人の方にデータリテラシーを

 ここで学ぶ「因果関係の把握法」はビジネスシーンで必須のスキルです。データに基づいて客観的な把握ができるようにデータリテラシーを基本から学んでいきましょう。

※今後の開催日程については、順次公開いたします。詳細はお問い合わせください。

受講対象

・統計学をこれから始めてみようという方
・因果推論を理解したい方
・仕事でExcelを使い、データ分析を行う必要がある方
・日常の情報に騙されずに読み解く力を身に着けたい方

セミナー内容

・データとは?
・データを読み解くための3つの視点
・データから関連性を読みとく力を理解する

※カリキュラム内容は進捗等によって変更されることがあります。

セミナー監修

川原 祐哉(かわはら ゆうや)
<講師略歴>
自社のデータ分析・データ管理を行いつつ、実務で使える統計を社会人に教える講座を実施中。
ビジネスマンの統計リテラシーの向上を目指し行う授業は、統計初心者にもわかりやすいと好評。またRやpythonを用いた統計解析の個別指導も実施。

〈インタビュー掲載〉
週刊ダイヤモンド2019年2/9号

担当講師

※日程により一部講師が変わる事があります。

お持ち物と注意事項

筆記用具(ペン、ノートなど)

料金

3,000円 → 期間限定 無料

定員

20名(先着順)

会場とスケジュール

オンライン教室
地図を見る
好きな場所で受講可能
「zoom」を用いてオンラインで対応しています。
ブラウザが利用できるPCやタブレットなどの環境をご用意ください。
※iPad等タブレットの使用は一部機能が制限される場合がございます。パソコン端末でのご参加を推奨いたします。
zoomの参加方法はこちら
 

※お申込みページで日程を1日お選びください

第10回 2020年08月04日(火) 19:00~20:30

第11回 2020年08月08日(土) 16:00~17:30

第12回 2020年08月10日(月) 13:00~14:30

第13回 2020年08月22日(土) 18:30~20:00

第14回 2020年08月23日(日) 13:00~14:30

第15回 2020年08月30日(日) 16:00~17:30

第16回 2020年09月01日(火) 19:30~21:00

第17回 2020年09月06日(日) 16:00~17:30

第18回 2020年09月15日(火) 20:00~21:30

第19回 2020年09月19日(土) 16:00~17:30

第20回 2020年09月26日(土) 18:30~20:00

※当日のお申し込みはできかねます。別日程でお申し込み下さい。
※℡お問い合わせは現在休止させていただいております。

今後の開催日程については、順次公開いたします。