マスログ

2020/03/05

切り絵展示会「紙で奏でるサイエンス―情緒―」のご紹介

WAKARAの数学講師兼デザイナーであり、ζWalkerこと岡本健太郎(@walker0226)が2020年2月26日~3月3日に代官山にあるギャラリー「スペースK代官山」に切り絵の展示会を行いました。

その模様を少しご紹介です。

【龍の勾】 (ハニカム構造、フラクタル)

【4-dimensional dragon】(4次元空間、幾何学)

【華-hana-】 (フラクタル)

【Poincare disk】(双曲幾何学、平面充填)

【Borromean ring】(結び目理論、トポロジー)

【23 enigma】(23次完全グラフ、現象)

【Gauss prime】(数論、素数)

モチーフとなっている数学についてしっかりと理解するのは時間がかかりますが…単純にアートとしてすごい素敵!! 実物を見るとより一層、とっても細かいデザインになっていることがわかります。(個展を見に行った日、「なんでこれを作ろうと思ったんですか…?」って思わず本人に聞いてしまいました)

数学に興味はあるけど、どこから始めたらいいかわからない…という方、まずは切り絵から始めてみるというのもアリではないでしょうか?!

そんな方におススメなのが4月からはじまる新セミナー!その名も「切り絵超体験」!(https://wakara.co.jp/course/6364)

切り絵」を通して「数学」というモチーフやその深遠さを体感することができます。大好評につき満員となっている回もございますが、今後継続して開催していく予定ですのでご興味ある方はこの機会に是非ご参加ください!その際に、ぜひ岡本に作品を作ろうと思った経緯なども聞いてもらえればと思います!

<文/池下 裕香子>

TAGS: