Meun
close
050-5490-7845 ※ 月曜定休日
  • twitter
  • facebook
  • YouTube

マスログ

2021/05/12

「新創作展/真夜中すぎの展覧会6」に行ってきました!

先日銀座にて開催されました「新創作展/真夜中すぎの展覧会6」に、和からの講師 岡本も作品を出展致しました!
和からスタッフが展覧会にお邪魔致しましたので、今回はその様子と作品をご紹介させていただきます!

corazon


パラメトリック曲線というものをふんだんにいじくってできた模様です。心臓のような形と、「脈動」をイメージした書の部分をうまくマッチさせてみました。(岡本)
(キーワード:パラメトリック曲線、脈動)

mythic bird


グモウスキーとミラによって示されたカオス現象「グモウスキー・ミラのアトラクター」をそのままモチーフにしました。(岡本)
(キーワード:グモウスキー・ミラのアトラクター、カオス現象)

Sierpinski mosaic


シェルピンスキーのカーペットをモチーフにしました。複数のアクリル板に異なる大きさのカーペットを配置し、正面から見ると均等な模様になるようにしてあります。(岡本)
(キーワード:シェルピンスキーのカーペット)

Non-periodic spiral


1930年代にドイツのヴォダーベルクによって発見された技巧的な多角形1種による非周期タイリング模様をモチーフにしました。(岡本)
(キーワード:ヴォダーベルクタイリング、非周期タイリング、2重らせん構造)

数学×アートの世界!

今回は岡本の未公開だった作品の展示もあり、緻密な作品を間近に見れる貴重な機会でした!

数学とアート、あまり関係がないように思われるかもしれませんが、今や多くのアート作品に数学から得たアイディアが取り入れられています。
数学もしくはアートが好きな方はもちろん、あまり得意じゃない方にも楽しんでいただけるのが「数学×アート」の世界だと思います。

和からでは岡本が監修・講師を務める数学アートセミナーを開催していますので、是非一度遊びに来てください!

○無料セミナー

数学的デザイン超入門

Excelアート超入門

次回展示のお知らせ

以前、上野の森美術館にて展示した作品が審査員賞を受賞し、東京駅地下内のギャラリー八重洲にて展示されることとなりました!
ご都合の合う方は是非お越しください!

詳細:
「第26回 日本の美術受賞作家展」ギャラリー八重洲・東京(東京駅地下)
2021年5月31日~6月6日 (11:00~19:00(初日は15:00~,最終日は13:00まで))

その他展示情報はこちら

最後に

他の出展者の方々の作品も壁一面にぎっしりと並べられ、気が付けば長居してしまうほど非常に見ごたえのある展覧会でした。
素晴らしい作品の数々だったので、最後にご紹介させていただきます。





(私もちゃっかり購入しました)

<文/池下>