Meun
close
050-5490-7845 ※ 月曜定休日
  • twitter
  • facebook
  • YouTube

マスログ

2021/01/19

話題のマンガ「呪術廻戦」はいつから何が凄いのか?

今また、日本では社会現象となった「鬼滅の刃ブーム」に匹敵するかもしれない現象が起きています。
以前に「鬼滅の刃」の凄さについて情報をまとめてとらえるためのマスログを書かせていただきました。

鬼滅の刃って、何がどれだけ凄いのか?-情報収集して思考する-

鬼滅の刃って、いつから凄くなったのか?-時系列で情報を集める-

「鬼滅の刃」の凄さを超えるかもしれないマンガ!!それが「呪術廻戦」です。


呪術廻戦  芥見下々(著) 集英社

1.呪術廻戦について

知らない方向けに簡単に「呪術廻戦」について説明すると、
『現代が舞台で、主人公の高校生「虎杖悠仁」(いたどりゆうじ)がふとしたことで強力な呪いの封印を解いてしまい「呪術師」と、呪いが形となった「呪霊」との戦いに巻き込まれます。
呪術に対しては何も知らなかった主人公は東京都立呪術高等専門学校に入学し、呪霊との戦い方を学びつつ、仲間たちと切磋琢磨していく構成で、読みながら私は忍者漫画の「ナルト」を思い出しました。
徐々に覚醒していく主人公とインパクトのあるキャラクターの戦闘シーンが見どころの内容です。

特徴としては、「鬼滅の刃」や「進撃の巨人」と同じ、ダークファンタジー系のマンガで、やはりキャラクターが個性的で、敵味方問わずインパクトがあります。
中でも人気のキャラクターは、人間呪術師最強の「五条悟」。彼一人で日本人全員を皆殺しにできるほどの力を持つものの、何を考えているかわからないミステリアスさが素敵です。普段は目隠しをしていますが、はじめてとったシーンではあまりのイケメン過ぎで女性人気が爆上がりしたともいわれています。
※実際にアンケートでも10代、20代の女性から呪術廻戦は人気が高いそうです。

2.呪術廻戦がどれだけ凄いのか?

では簡単にネットで検索して集めた情報から、考察したいと思うのですが毎度のことながら『何が』・『どのくらい』に注目してみましょう。さらに今回は、『何と』も加えて比較してみます。
まとめると、下記になります。
・鬼滅の刃と
・累計発行部数が
・どれくらいなのか

引用:【呪術廻戦】2期は確定!? コミックス爆売れで「第二の鬼滅」も視野に

このように比較してみると、確かになるほど!!
鬼滅の刃は11巻発売で250万部ほど売れた時にアニメ化が決まっていましたが、呪術廻戦は7巻発売で250万部販売を達成し、アニメ化が決まっています。
次にアニメがテレビで放映開始された時を比較しても、鬼滅の刃は15巻で500万部、呪術廻戦は13巻850万部といずれも鬼滅の刃を上回る勢いであることが、「第二の鬼滅の刃」ブームになるのではないか・・・と注目されている理由の一つです。
つまり、アニメの放映が終了した後に、大きく爆上げする可能性を秘めていることになります。
累計発行部数1200万部を達成するまでの期間も、鬼滅の刃を上回っています。

また、鬼滅の刃よりもストロングポイントと言えるのは、「呪術廻戦」は連載開始前から評判が高かったらしく、編集部で連載可否を決める企画会議で、満場一致で連載が決定したと言われており、単行本は発売後に新人作家としては異例の売上を記録しています。
※発売後にすぐに重版決定など。

3.呪術廻戦はいつから凄いのか?

では次に、鬼滅の刃のマスログでも使った「Googleトレンド」を使って人気度をチェックしたいと思います。これでいつから凄いのかを確認しましょう。

そこにネットで調べた内容を時系列で追加してみました。
まだアニメは終了していないので、テレビアニメ放送少し前から放送中にどんどん認知度が上がって人気が出ていると言えそうです。
まだアニメが終わっていないのに、この上昇っぷりは脅威です。

次に、前回同様、何かと比較するとわかりやすいので、「鬼滅の刃」と「ワンピース」と比べてみましょう。

あれ?全然人気がないですね・・・。これは「呪術廻戦」の「廻戦」は辞書で調べても出てこない言葉なので、作られた単語であるため普通に入力しても変換で出てきません。呪術回線とか、呪術廻船など間違えた検索が多く、「呪術」をベースに調べているようなので、今回は呪術廻戦を「呪術」で検索してみました。すると・・・

凄い!!
・検索人気が落ちてきた「鬼滅の刃」
・少し人気度が上がった「ワンピース」
・絶賛人気上昇中の「呪術廻戦」の三つ巴!!
前述のとおり、まだアニメが終わっていない点や、映画化もまだなので人気ブーストがかかる余地あり!!

「呪術廻戦」はいつから凄いのか・・・単行本の売れ行きは「新人漫画家」としては最初から凄いようですが、検索人気度についてはやはりアニメ放送前後の2020年9月末から10月初旬と言えそうです。

4.終わりに

今回は、呪術廻戦で学ぶ「データセンス」でした。2018年3月から週刊少年ジャンプで連載が開始し、2020年12月で1200万部が発行されています。
これは鬼滅の刃を超すほどのペースであり、まだ、アニメが終わっていないため今後の人気が上がっていく点、書店ではすでに漫画の売り切れが続出している点、10代、20代の女性層の人気が特に高いなど、鬼滅の刃が爆上がりした条件と類似していることから、今後の伸びが期待されている作品です。

鬼滅の刃はアニメで認知度が上がり、アニメが7巻冒頭くらいで終わったためその後に漫画が一気に売れました。
しかし、呪術廻戦はまだアニメが終わっておらず、映画化も決まっていません。
単行本も第1巻が発売後にすぐ重版がかかり、ネットでの検索人気動向なども現状で鬼滅の刃に迫る勢いです。
これらすべてを総合して考えると、鬼滅の刃を超える可能性がかなり高いのではないか?と考えられます。
しかし、やっぱり人気の起爆剤になっているのはアニメ化・・・であるのは間違いなさそうです。
テレビ効果はやっぱり凄いですね。

今回行ったようなことをビジネス・仕事に活かしたい場合は無料セミナーの「ビジネス統計超入門」へご参加ください。

ビジネス統計超入門-記述統計学の活かし方-

その他、まずは書籍で楽しく統計を体感したい方は和から株式会社監修の書籍もあるので合わせてご活用ください。

<文/綱島佑介>