マスログ

2020/11/09

不等号を使いこなそう! -以上と以下の使い方編-

こんにちは、和からの池下です。

みなさん、「普段当たり前に使ってるけど、実は意味が合ってるかちょっと不安」な言葉ってありますよね。

例えば、“以上” “以下” “未満”。
厳密にどう違うのか、を問われるとすこーしだけ不安になりませんか?

みなさんもご存じのとおり、この3つは普段の生活でもよく見聞きする言葉です。
【ビールを飲むのは3杯“以下”にしましょう】
 ⇒3杯飲んでいいの?それとも2杯だけ?
【3,000円”以上”のお買い上げで、特典ブロマイドをプレゼントします!】
 ⇒3,000円ぴったりでも貰える?貰えない?
【このアトラクションには、6歳”未満”の方はご搭乗いただけません】
 ⇒うちの子は6歳だけど…乗れる?乗れない?
などなど。

“以上” “以下” “未満”という言葉は、
算数や数学の世界で “>”“≦” のような「不等号」という記号に変換できるのですが、個別授業でもここの使い分けを聞かれることが、実際よくあります。

みなさんはこの「不等号」、きちんと使いこなせているでしょうか?
今回は、日常での例とリンクさせて考えてみましょう。

“〇〇以下”は、“〇〇を含めて、それよりも小さい”こと

「これを以て、会議を終了します」というように“以”はある地点・時点を表し、その地点を含める意味を持ちます。
なので”10以下”とあれば、「10を含む」「10と、10よりも小さい数」を指すことになります。
また、“10以下”を数学の言葉 不等号 で表すと「10≧」という表記になります。

つまり【ビールを飲むのは3杯“以下”にしましょう】は
【ビールは「3杯を含む」「3杯と、3杯よりも小さい数」にしておきましょう。】
と解釈できます。

“〇〇以上”は、“〇〇を含めて、それよりも大きい”こと

上のとおり、“以”はある地点・時点を表し、それを含める意味を持ちますので
“10以上”であれば、「10を含む」「10と、10よりも大きい数」を指すことになります。
これを不等号で表すならば「10≦」となります。

つまり【3,000円”以上”のお買い上げで、特典ブロマイドをプレゼントします!!】は
【「3,000円を含む金額」「3,000円と、3,000円よりも大きい金額」でお買い上げすればブロマイドが貰える!】
と解釈できますね。

・・・完全に余談ですが、「3,000円以上お買い上げで~」と謳っている場合、1点で3,000円以上の商品を置いてあることは少ないです。
2点以上買わないと3,000円を越えないようになっている・・・とてもよく考えられてますね。(体験談)

日常に溢れる「以上」「以下」

冒頭ですこーし不安だなと思われた方は、「以上」「以下」を生活する中で見つけたら、頭の中で意味を思い浮かべてみましょう。
そんな小さなことの積み重ねがトレーニングになるはずです。

独学ではモチベーションが続かない、きちんと理解が出来ているか不安…という方は是非一度無料カウンセリングへお越しください。
和からでは、算数(足し算や引き算から)や大学数学、統計学、物理学など幅広い分野の授業を個別指導でご受講いただけます。
まずはご相談ください!

次回、「”未満”の使い方編」につづきます。

<文/池下>