みんなの統計教室 和(なごみ)

少人数セミナー

数から学ぶ数学的思考基礎セミナー

この世界を「数学」で読み解く

「物事や出来事の理由を知りたい。」「なぜこうなっているのかが気になる。」その疑問を解決するためには、”数学”が必要です。
この世界はインターネットによってつながり、AIや人工知能がこれからの新しい未来を創造しようとしています。それらは、非常に高い精度の計算と、数学という強固な地盤によって支えられています。

大人になってからその数学を学びなおそうとすれば少なくとも1年以上の時間が必要です。数学が苦手な方にとってみれば、数学をきちんと学ぶことは簡単なことではありません。

そもそも数学苦手になった理由が3つあることを知ると、これからの学びの参考になるはずです。

1.抽象的世界でなんだかよくわからない
 ⇒ xってなに?

2.何が目的なのか、わからない
 ⇒ 2次関数をなぜ学ぶ必要があったのか?

3.意味がわからない
 ⇒ 解の公式ってなぜ学んだの?

この3つを解決するように学ばなければ、再度数学が苦手なことを確認するだけで挫折してしまうかもしれません。だからこそ、それぞれを解決させられるように、端的に、かつ、本質的に学ぶ必要があります。

つまり、2次関数を学ぶなら、2次関数がそもそもなぜ必要なのか、具体的に社会のどこで使わられるのか、その抽象的世界を言葉に置き換えるならどうなるのか、その3つの視点を中心に学びなおすことは、まさに数学ではなく、数学的思考となり、あなたの思考の地盤を形作ることでしょう。大人だからこそ学びなおしたい分野、重要と思われる分野のみを分野を厳選し、思考法を演習や実践と共に学ぶことで、1回180分、全12回、3か月で習得すること可能になります。

セミナー概要

中学~高校レベルの数学の具体的な意味、そこで使われる思考法について学びたい人のための全12回(180分/回)の数学的思考基礎セミナーです。数(かず)から学ぶことができ、その分野に対する講義⇒演習、の形で構成され、毎回課題(※)もありご自身でより学びを深めることも可能です。3か月終わったあとには、数学の書籍、計算式が書かれた書籍がグッと読みやすくなるはずです。数字も数学も苦手・・・そんな多くの文系の方が高度な統計学や数学を習得するための基礎となることでしょう。数学の思考法を学ぶため、数学だけでなく、経済学、心理学、経営学、財務会計など様々なエッセンスを盛り込んでいます。
※課題については実施必須ではありません。

受講対象例
  • ・数学的思考を身に着けたい方
  • ・「なぜ〇〇になっているのか」を知りたい方
  • ・数学を「なぜ学ぶ必要があるのか」という視点と共に学びたい方
  • ・数学がずっと子供のときに苦手だったが克服したい方
  • ・専門書を自分の力で読む基礎力を身に着けたい方
  • ・文系の方で数学がずっと苦手でコンプレックスがあり、克服したい方
  • ・理系の方で、数学の問題は解けるが意味や活用法が分からない方
  • ・入門セミナーに参加して継続して学びたい方
  • ・きちんと数字や数学の理論を抑えておきたい方
  • ※他のセミナーに参加していなくても参加可能です。

セミナー内容 ●シンプルに考える力

第1回
  • 数とは何か
  • ・ゼロの歴史
  • ・マイナスとマイナスを掛けるとなぜプラスに?
  • ・割るとなぜ分子分母ひっくり変えるのか。
  • 実践:無限の大きさを体感する

第2回
  • すべてはここから1次関数思考
  • ・基本はすべて1次関数になる
  • ・シンプルに、まっすぐは最重要思考
  • ・関数を柔らかくとらえる
  • 実践:フランチャイズ出店計画の行方

第3回
  • 計画を立てるための最適化思考
  • ・「方程式」と「不等式」の基本と応用
  • ・連立方程式は解くのではなく、イメージする
  • ・最適解を求めるために数学を使う
  • 実践:予算計画と業績評価の実践

第4回
  • 逆から眺める反比例思考
  • ・逆に考える反比例
  • ・反比例の性質と本質を計算で探る
  • ・2次関数とn次関数に拡張する
  • 実践:最も儲かる値付けをするために

●小さく、大きく考える力

第5回
  • 急激に変化する指数関数思考
  • ・比・割合の本質
  • ・掛け算が繰り返す指数の性質
  • ・指数関数的増加の先に待つもの
  • 実践:より深い値付けの心理学

第6回
  • 大きな数を体感させる対数的思考
  • ・対数関数の性質と本質
  • ・人はどの価格だと心が動くのか
  • ・ジャンルの違いは何で生まれるのか
  • 実践:数学と行動経済学

第7回
  • 認識と数列
  • ・この世界は数列で解釈する
  • ・人間の認識最小量の限界
  • ・数列の性質とΣの計算
  • 実践:複利の性質とファイナンシャルプランニングの基本

第8回
  • 物事をうまく切り分ける因数分解思考
  • ・因数分解的計算手法
  • ・集合と論理
  • ・ゲーム理論から見る交渉術
  • 実践:論理的思考応用問題を解いてみる

●数学的思考を活用する

第9回
  • 情報を統合するベクトル思考
  • ・物理現象はすべてベクトルになる
  • ・2次元から多次元へ
  • ・ベクトルの本質と行列の可能性
  • 実践:行列は何を意味するか

第10回
  • 数学と心理学
  • ・人はどのように数を認識するか
  • ・人の心に響く数学デザインの手法
  • ・数学を用いたアートとデザイン
  • 実践:美しさと非美しさの間は何で生まれるか

第11回
  • 微かな変化を見逃さない微分思考
  • ・傾きを数量化する
  • ・未来はどのように予測されるか
  • ・微分方程式超基礎
  • 実践:将来のアプリのダウンロード数を予測する

第12回
  • 数学的思考の応用力
  • ・価格設定に必要な数字力
  • ・お互いwin-winになるための数学的交渉術
  • ・アルゴリズム思考とは
  • 実践:パターンで現実を解釈する

※各クールによって内容が変更になる場合があります。

お持ち物 電卓(スマホアプリ代用可)、筆記用具(ペン、ノートなど)
セミナー監修、担当講師 堀口 智之(ほりぐち ともゆき)

和から株式会社 代表取締役
学 歴 *山形大学理学部物理学科卒業
出 身 *新潟県南魚沼市

渋谷・新橋・大阪などで月間400名以上にご利用いただく「大人のための数学教室 和®(なごみ)」の創業者。2010年に自己資金10万円で創業し、2011年3月に「合同会社 和(なごみ)」として法人化、代表に就任した。現在は会員数3,000名以上、講師40名以上を抱えるまでに成長。TBSや日経新聞、週刊ダイヤモンドなどの各種メディアから取材を受けるほか、最近ではテレビ朝日「お願い!ランキング」やフジテレビ系列インターネットTV「ホウドウキョク」にも出演実績がある。
著書:「データセンスの磨き方」(ベレ出版)、「伝わる数字の使い方」(日経HR)

実施会場 六本木教室(南北線 六本木一丁目駅徒歩約3分、銀座線 溜池山王駅12番出口より徒歩約4分)
東京都港区六本木2-2-6 福吉町ビル8F katanaオフィス内 Map

※7階までエレベーターに上がっていただき、8階までは階段を使用ください。
定員 18名(先着順)
料金 全12回 180,000円
※開始より90分までの間で内容にご満足いただけなかった場合、全額返金いたします。
申込締切 各クール第1回開催の2日前までにお申し込みください。お申し込みは下記のフォームから受け付けております。
セミナーに関するご質問や、セミナー受講のご相談はこちらからお問い合わせください。

2つの学びやすいシステム

・演習がある、質問ができる
講義による説明だけでなく演習時間をしっかり設けることで、講義の内容をきちんと「体感」することができます。いただいた質問は講師が講義中になるべく返答しますので、疑問点をすぐに解消しながら学ぶことができます。

開催クール 開催日時
第1クール 第01回 2020年01月11日(土) 19:00~22:00
第02回 2020年01月18日(土) 19:00~22:00
第03回 2020年01月25日(土) 19:00~22:00
第04回 2020年02月01日(土) 19:00~22:00
第05回 2020年02月08日(土) 19:00~22:00
第06回 2020年02月15日(土) 19:00~22:00
第07回 2020年02月22日(土) 19:00~22:00
第08回 2020年02月29日(土) 19:00~22:00
第09回 2020年03月07日(土) 19:00~22:00
第10回 2020年03月14日(土) 19:00~22:00
第11回 2020年03月21日(土) 19:00~22:00
第12回 2020年03月28日(土) 19:00~22:00
第2クール 未定

今後の開催日程については、順次公開いたします。

関連セミナー
数字力を高める

お申し込みはこちら

セミナーのお申し込みは以下のフォームより承ります。




  • 受講希望セミナー必須
  • お名前必須
  • お名前(カナ)必須
  • 性別必須
  • お電話番号必須
  • メールアドレス必須

    ※Microsoft、Yahoo!などのフリーメールでは、迷惑メールに振り分けられたり、メールが届かないことがあるため、ご注意ください。
    (outlook.com、live.com、hotmail.com、msn.com、yahoo.co.jpなど)
  • お申込みの開催回
    ご要望など必須

内容をご確認のうえ、送信ボタンを押してください。