大人のための統計教室「和」

講師紹介

元証券会社勤務、元IBMプロジェクトマネージャー

坂本 昌夫 Sakamoto Masao

東京都江戸川区在住
中央大学理工学部数学科 卒業
指導可能分野:数理統計学/多変量解析/ベイズ統計学/時系列解析/確率論/医療統計/論文のための統計/機械学習・深層学習(ニューラルネットワーク)/データマイニング/テキストマイニング/数理モデリング/オペレーションズリサーチ(線形計画法、在庫管理等)/プログラミング(Excel、R、python等)/統計調査法(リサーチデザイン)/中学数学/高校数学/大学教養課程の数学

勤務経験:三洋証券株式会社(システム部門※主にホストシステム開発)/新商品開発部門(アセットアロケーションデルタヘッジ自己売買等)/証券アナリストの数学の社内講師/株式会社 鷹山(携帯電話のアナログ設計回路に従事)/日本アイ・ビー・エム株式会社(プロジェクトマネジャーとして主に金融機関(銀行)のシステム構築に従事。金融モデルから具体的にシステムに落とし込む部分も担当)

所持資格:数学教員免許 中学1級、高校2級/特種情報処理技術者/統計士/データ解析士

統計指導には自信があります

私は個別指導では100名以上の方に統計学・データ分析の指導実績があり、企業研修では基礎的な統計学の指導を行ってきました。数学としての統計学はもちろんのこと、実践的なデータ分析も受け持ってきました。例えば、マーケティング戦略、品質管理などをはじめ、医療系論文のデータ分析補助、言語学や心理学論文に関するデータ分析補助なども携わってきました。大学時代には数学を学んでおりましたが、企業に勤めてから、主に金融機関の新商品開発等を扱う機会に恵まれてきました。実務も数学もきちんと学んできた私だからこそできる指導方法があると自負しております。

普段教えるときに気を付けていること

数学が得意な方々には実務で統計学の知識を生かす方法を、また数学が苦手だが実務でデータ分析を行う必要がある方には数学的な専門用語をできるだけ省いた直感的な説明と統計学の実用面に築いていただけるように指導を心がけております。加えて、面白いと思っていただくように授業を進めています。確かに統計学は簡単な分野ではありませんが、一つ一つ丁寧に理解すれば自然と身についてくる分野でもあります。

統計学の面白さや魅力とは

単なる数字、値あるいはデータが、ある時から、脈々と意味を持ち始めることに面白さがあります。ちょうど料理において、単なる材料が、料理によって活き活きと存在感を増すように。統計の醍醐味は、「いかにデータを料理するか」にあると思います。しかし、それがただのこじつけとならないように慎重に分析することも重要です。

研修を通して皆さまにお伝えしたいこと

いろいろな分野に適用できること、それを可能にしているのは、数学という 抽象化の結晶であり、実は抽象化は、具体化する上で不可欠なものであること。