和からの企業・団体向け統計研修

統計研修の特徴

統計学を社内で活用できない3つの理由

1.データから生まれる未来の重要性がわかっていない

人工知能、ニューラルネットワーク、機械学習など、様々な最新ICT技術の用語が昨今、TVや新聞紙面をにぎわせています。iPhoneのSiri機能、大量の道路データ及び事故データを利用した自動車の自動運転技術や、Googleのより精密になった翻訳機能など我々の身の回りにあふれています。それらが自社にもたらす影響とは何でしょうか。まずは、「データ」の重要性やそれらがもたらす未来を理解し、自社でデータの活用に向けて歩みだすことが必要になります。活用のために目標設定し、予算や担当者を採用・配置し、データの活用に向けて全員が同じ方向に向いて歩みだすことが必要になります。

2.「データサイエンス」をよく知らない

「よく分からないけど何かできそうだから」とデータ分析を導入しようとする企業は少なくありません。 データ分析で使われている統計学的手法とは何か、統計を活用することで何が出来て、何が出来ないのかを理解することが大事です。そしてその活用をするとき、「どんなタスクが発生して、どのくらいの頻度で何をどのくらい分析すればいいのか。」、データサイエンスの基本的な特性を理解しなければなりません。データをどう取得すればいいのか?その保管方法とは?各部署データの連携とは?その結果をどう解釈したらいいのか?解釈の表現方法とは?など、知るべきことはたくさんあります。

3.専門家との連携コミュニケーションがとれない

統計学を用いて解決できそうな問題に会社として取り組む際、エンジニアリング、データサイエンスを熟知する専門家とのコミュニケーションは欠かすことはできません。様々な部署や他事業体が問題解決に向けての連携とスムースなコミュニケーションをとる必要があります。そのためには、共通の”用語”を持つことが必須です。つまり、データで会話できること、統計学のある程度の用語を最低限のリテラシーとして分析チームのリーダーが身に着けるだけでなく、現場担当者がデータの特性を理解し、分析担当者がいかに現場の温度感を理解するのか、それぞれ重要になります。

3つのできない理由を「できる」に変える実践的統計研修

だから「身につく」和からの統計研修

3000名以上に伝えてきた統計学のノウハウ

和からは「データサイエンティスト」、その言葉が流行りだす前の2012年から数学や統計学の社会人向け指導をずっと続けてきました。少人数講座や個別指導では非常に多様なニーズにお応えしています。マーケティング、在庫管理、市場分析、アンケート分析、機械学習やディープラーニングだけでなく、各種論文に用いられる統計学、医療論文なども補助しております。様々なお客様のニーズにしっかりお答えしてきたからこそ、”身につく”統計学をお伝えできます。

本質を理解しているからこその実践的指導

和からは数学教室から始まりました。「和」つまり、必要であれば足し算まで戻り、お客様の「なぜ?」に答え続けてきました。「相関係数が0.8って高いっていうけど信用していいの?」「どうして共分散構造解析をするといいの?」など、新しい手法に惑わされることなく、根っこの数理ロジックを理解することで使える統計学が身につきます。

多様な知識や経験を持つ講師陣

外資企業でのコンサルティング経験者や、元データアナリスト、アクチュアリー実務経験者、統計士・データ解析士などの資格保持者が和からには多数在籍しています。実践的に学べる、役立つ統計学を皆さまへお届けします。

大内 雅晴
企業・団体統計研修 統計学・データ分析講師
大内 雅晴
初めまして。和から講師の大内です。和からでは、多くの統計学研修をお客様にお届けしてきました。数学教室から始まった我々だからこそ、お客様にお伝えできることがあります。文系で数学が苦手??の方もいると思いますが、ご安心下さい。我々は数学をお伝えしたいのではなく、お役に立てる統計学をお伝えしたいのです。無理に数式を押しつけることはしませんし、マスハラ(数学ハラスメント)によって多くの方が数学へ失望してきた実情も知っています。数学は確かに非常に強力な手段ですが、必要と判断した場合にのみお伝えさせて頂く所存です。自信があるのは、「なぜ?」にお答えできること。単に大きい数字が出たから「こっち」と選ぶのではなく、大きい数字の出た根拠や理由を含めて学んでいくことで、ソフトに入れて出力されるのを「見る」だけから、「直感」として使える統計学に変わっていきます。ぜひ和からの統計学を一度ご体感下さい。
お問合せはこちら 03-6805-0768