コロナの感染確率とゼロリスクへの向き合い方