微分法(数Ⅲ範囲)

  • モデルプラン:【通常】80分×5回

数Ⅱ範囲の微分法では多項式関数の微分しか扱いませんでしたが、数Ⅲ範囲の微分法では三角関数や、指数・対数関数などより複雑な関数の微分を行います。

また合成関数の微分や逆関数の微分などの微分の公式を新たに学びます。特に合成関数の微分は昨今話題となっているディープラーニングでも中心的な役割を果たす重要な公式になっています。

受講内容

関数の積の微分、商の微分などの基本公式を証明した後、微分法の定義から三角関数、対数関数、指数関数の導関数を求めていきます。特に、対数関数の微分からネーピア数eが自然に導出できることを見ます。

次に重要な合成関数の微分の公式を証明し、これを用いて多項式関数や三角関数、指数・対数関数が複雑に入り組んだ関数の微分を練習します。

最後に関数の増減だけでなく、関数を二回微分することによって得られる凹凸の情報も用いて、複雑な関数のグラフを描きます。

※内容はお客様のご要望等によって変更することがあります。

受講対象

1)高校数学からやり直したい方
2)微分を一から学びたい方

モデルプラン

【80分×5回】

1)微分の基本公式
2)三角関数の微分
3)指数・対数関数の微分
4)合成関数の微分
5)極大、極小、グラフの凹凸

※実際のプランはお客様のご要望等によって変更することがあります。

参考テキスト