ビジネス数字入門-実務で使えるSPI-

  • 全2回
  • オンライン教室

仕事で必要になる3つの力を鍛える訓練

「原価2000円の商品を150個仕入れて、20%の利益が出る価格で販売すると利益はいくらになるか?」
「年間売上目標2,000万を、営業マンAとBの2人で達成することを考えます。Aの月次売上が140万、Bの月次売上が110万であるとき、何か月で目標達成できるか」
 など、ビジネスの世界では数字が当たり前のように出てきます。算数や数学が苦手だった方がこのような数字についていけずに困っているというお話をよく聞くのですが、そのお悩みは次の3つの力を鍛えることで解消することができます。その3つの力とは、数字を適切に扱うことができる力である「算数的思考力」、必要な数字を適切に素早く見つけることができる力である「情報収集力」、集めた情報から道筋を通して説明する力である「論理的思考力」です。そしてこれらの力を過不足なく鍛えるのにぴったりの題材がSPIという試験です。
※SPIとはリクルート社により多くの企業に実施されている適正検査のことで、受験者の潜在能力を測るために、就職試験や転職試験、社内昇格試験に利用されています。
 このSPIで扱っている問題は多岐にわたるのですが、それら一つ一つの問題をよくよく見てみると、「損益算」「鶴亀算」「旅人算」などの算数的思考力を鍛える問題、「表の読み取り」といった情報収集力を鍛える問題、「推論」「集合」という論理的思考力を鍛える問題、というように上記の3つの力を題材に扱っています。
 そこでこれら3つの力をSPIを題材に効率的に学べるセミナーをご用意しました。SPIの問題を通して、3つの力の身に着け方を学んで行きます。この内容は数字が苦手で困っているという方を対象としておりますので、算数数学が苦手な方もご安心してご受講ください。

受講対象

仕事で使える算数的な考え方を身につけたい方

数的思考力を鍛えたい方

簡単な計算はできるけど、計算などに時間がかかってしまう方

数字を使って物事を判断するスキルを身に着けたい方

など

セミナー内容

第1回(算数的思考力)

  • 割合の考え方や扱い方を学ぶ
  • 複雑な問題を頭の中で処理する方法を学ぶ

第2回(情報収集力、論理的思考力)

  • 必要な数字を表やグラフから見つける訓練(情報の読み取り)
  • 論理的に物事を考える、答えを探す訓練(推論)

※カリキュラム内容は進捗等によって変更されることがあります。

セミナー監修

川原 祐哉(かわはら ゆうや)

<講師略歴>

大学卒業後教育業界に従事しデータを用いた教育指導、経営判断に関わる。自社のデータ分析・データ管理を行いつつ、実務で使える統計を社会人に教える講座を実施中。

担当講師

※日程により一部講師が変わる事があります。

セミナー基本構成

全2回
講義60分 / 演習30分 / 質疑応答30分

※開催回ごとに多少構成が変わることがあります。

お持ち物と注意事項

筆記用具

料金

全2回
30,000円  → 25,000円 ※Webお申込み割引

・指定口座へのお振込みとなります(申込案内に記載)
・会社名義や旧姓など、振り込み名が本人名義でない場合は事前にご一報下さい
・オンライン回に関しましては前日までに振込確認が取れない場合、会場URLをお送りできませんので特にご注意下さい

定員

12名(先着順)

会場とスケジュール

オンライン教室
地図を見る
好きな場所で受講可能
「zoom」を用いてオンラインで対応しています。
ブラウザが利用できるPCやタブレットなどの環境をご用意ください。
※iPad等タブレットの使用は一部機能が制限される場合がございます。パソコン端末でのご参加を推奨いたします。
zoomの参加方法はこちら
 

第3クール

第1回 2020年9月06日(日) 13:00~15:00

第2回 2020年9月13日(日) 13:00~15:00

※当日のお申し込みはできかねます。別日程でお申し込み下さい。
※℡お問い合わせは現在休止させていただいております。
オンライン教室
地図を見る
好きな場所で受講可能
「zoom」を用いてオンラインで対応しています。
ブラウザが利用できるPCやタブレットなどの環境をご用意ください。
※iPad等タブレットの使用は一部機能が制限される場合がございます。パソコン端末でのご参加を推奨いたします。
zoomの参加方法はこちら
 

第4クール

第1回 2020年10月10日(日) 13:00~15:00

第2回 2020年10月17日(日) 13:00~15:00

※当日のお申し込みはできかねます。別日程でお申し込み下さい。
※℡お問い合わせは現在休止させていただいております。

今後の開催日程については、順次公開いたします。